プラセンタを利用する場合は比較することが大切

婦人

選び方

サプリメントの選び方の一つに成分で選ぶ方法があります。高血圧に効果が期待できる成分として、ペプチドやカリウムが挙げられるのでそれらの成分が配合されている商品を選ぶようにしましょう。

効果とは

ラクトフェリンを利用することで効果的に痩せつことができると口コミで話題です。この成分にはリパーゼの働きを活性化させる効果があります。脂肪分解を促進し、脂肪を溜めない身体を作れるのです。

比べてみる

婦人

プラセンタは動物の胎盤から抽出される成分です。動物の種類によって含まれている成分が変わってきますので、比較してみましょう。まず馬の胎盤から抽出される場合ですが、馬は体温が高くなり病気にかかりにくいと言われています。サラブレッドから抽出されたプラセンタは血統が明確なので安全性は高いでしょう。アミノ酸の含有量も高いのが特徴です。豚の300倍程のアミノ酸を含有しています。また、よく比較される豚は病気にかかりやすいので、予防接種やワクチンを利用している場合があるでしょう。ですが、SPF豚は高い品質管理で有名ですので安全と言えるのです。羊の場合はスクレイピー伝染病にかかりやすいので国内での使用は制限されています。国によって品質管理が変わってきますので、原産国をチェックすることで安全性を確保できるでしょう。アミノ酸の含有量も高く、豚の500倍程のアミノ酸を含んでいます。価格は20,000円程と他のプラセンタと比較しても少し高いのが特徴です。植物性や海洋性のものは病気や薬品の心配がないので安全性は高いでしょう。アミノ酸の含有量としては豚の1.5倍から4倍程です。そして価格が安いので利用しやすいメリットがあります。最後にヒトから抽出されるものは医療用なので安全性は高いでしょう。ですが、場合によっては発疹や発赤がでる場合もあります。また、献血ができなくなってしまうので注意です。アミノ酸の含有量は豚の75,000倍と非常に高いのが特徴でしょう。プラセンタを利用する場合はこのように比較するのがおすすめです。

内臓脂肪を減らす

内臓脂肪を減らすことでポッコリお腹やメタボ体型が改善できると言われています。機能性表示食品であるヘラスリムを利用することで手軽に内臓脂肪を減らすことができるでしょう。